ルイボスティー妊活の効果

妊活中には、体にいいものを摂取することが大切です。まずは妊活は温活とも言えるくらい体を温めることが本当に大切なのです。

体を温める方法として、いくつかある中で、体の中(体の芯)から温めるにはルイボスティーの効果は絶大です。ルイボスティーの効果は体を温めるだけではありません。

では、ベビ待ちに欠かせないルイボスティーの妊活効果はどのようなものでしょうか。まとめてみました。

ルイボスティーとは?

ルイボスティーとはどのような飲み物なのでしょうか。ルイボスティーには体内の老化の原因とされている活性酸素を除去してくれる酵素がたっぷりと含まれています。この酵素は今、ダイエットなどにも注目されています。

ルイボスティーは南アフリカで生産されているお茶で、たくさんの鉱物が含まれる一部の場所でしか育たないそうです。なので日本で栽培することはできません。

ルイボスティーには、「ケルセチン」という抗酸化成分「SOD」を含んでいます。SODは活性酸素を減らす働きがあります。抗炎症作用や動脈硬化の予防など様々な働きで健康へと導いてくれます。

 

ルイボスティーの妊活効果は?

何と言ってもルイボスティーには、妊活効果が絶大なんです。では、どのような効果があるのでしょうか。

・冷えを軽減する

ルイボスティーは毛細血管を丈夫にし、血行を良くする作用があります。飲むと体中がポカポカとしてきます。妊活に冷えは大敵です。夏でもクーラーのかかった部屋で体を冷やしてしまいます。そんなときに温かいルイボスティーを飲めば、体の中から温めてくれるのです。

冷えは血行が悪くなり、指先、足先が冷たくなります。またお腹も冷たくなるのです。妊活には、しっかりとルイボスティーで温活をすることが大切です。

・基礎体温が安定する

ルイボスティーは毛細血管を丈夫にするという効果もあります。消えてしまう毛細血管(ゴースト血管)をサポートし、血行を良くしてくれるのです。

血液をサラサラにしてくれる効果もあるので、ホルモンバランスが整い、基礎体温を安定させてくれます。低温期、高温期を分かりやすくしてくれるので強い味方です。

・子宮をフカフカのベッドにしてくれる

ルイボスティーは子宮をフカフカにしてくれる効果があります。余分な活性酸素を除去し、卵子・非卵・卵管・子宮などのバランスをとってくれるのです。このおかげで子宮も着床しやすい環境になり、フカフカベッドになると言われています。

活性酸素が多くなると、生殖機能へのダメージがあるのでは、と思いがちですが、抗酸化作用が強いため、そのダメージの心配もなくなるのです。この活性酸素のバランスがおかしくなると生理痛がひどくなったり、着床できなかったりするといいます。

・卵子の老化を防ぐ

ルイボスティーには強力な抗酸化力を持っているため、不妊の大きな原因と言われる「卵子の老化」や体内の臓器の老化などを防ぐ効果があるのです。

生殖機能をアップさせる亜鉛・マンガン・カリウムが豊富に含まれているので、男性にもオススメなのです。

・ストレスの軽減

妊活の大敵とも呼ばれるストレス。特に妊活中はリラックスし、睡眠をしっかりと取る必要があります。

ルイボスティーはリラックス効果が高く、睡眠障害を軽減する働きもあるのです。抗酸化作用により、ストレスを軽減してくれるので、気持ちを落ち着かせたいときに飲むとリラックスできます。

 

 

まとめ

ルイボスティーのすごさをお分かりいただけましたか?さらにルイボスティーはノンカフェインなので、妊活中、妊娠中、授乳中でも安心して飲めるのです。

妊活だけでなく、美肌や便秘、ダイエットなど多くの効果が期待できる、スーパードリンクと言っても過言ではないでしょう。男女ともに健康な体つくりと、妊活の為にルイボスティーを毎日飲む習慣を心がけたいですね。

 

 

▼▼妊活にオススメのルイボスティーはこちら!▼▼

(※画像をクリックすると公式サイトへ飛ぶことができます。)

 

妊活をされている方には、通常のルイボスティーよりも抗酸化作用が強い高品質・オーガニック無添加のルイボスティーがオススメです。

特に妊活系の雑誌などでも有名でオススメなのは、妊活のためのルイボスティー「エルバランシア」です。茶葉が通常の市販品よりも2倍~3倍含まれており、効率的にSOD酵素を取り入れることができます。抗酸化作用のためのサプリメントまであります。

 

※実際に私も不妊治療中にエルバランシアを飲んで妊娠しました。その時の不妊治療の内容はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です